肌トラブルにおすすめの美容液や化粧品をご紹介!

レチノール化粧品ランキング!

レチノール・アンチウィンクル・フェイシャルセーラム 1オンス
累計販売実績1000万個以上!レチノール含有量他製品比5倍!

レチノール・アンチウィンクル・フェイシャルセーラム 1オンスは、市販されている他の製品に比べ約5倍のレチノール含有量を誇ります。その為肌のハリやたるみ、保湿などの効果も高くなっています。

含有量が多いということで肌への刺激も強いのでは?と副作用を心配される人も少なくないと思いますが、実はシリーズ商品として1987年からアメリカだけで累計1000万個を販売している実績があります。また、同シリーズの中でもレチノール・アンチウィンクル・フェイシャルセーラム 1オンスが売上個数第1位を獲得しており実績に裏付けられた安心感の高い化粧品と言えます。

とは言え肌に直接使うものなので心配事もあるかと思います。それでも既に30年以上の歴史のある商品である点や国内での販売実績も豊富であることから心配は無用で、女性が気にしているエイジングケアがしっかり行える化粧品であると言えるでしょう。

口コミなどでも「ベタつきが無く使い易い」「伸びが良く肌に馴染み易い」と言ったコメントが多く使用しているほとんどの女性から高評価を得ています。

金額的にも他のエイジングケア商品に比べ低価格なのでコストパフォーマンスも高く、当サイトとしても自信を持っておすすめ度No.1の肌荒れ対策化粧品と言えるでしょう!

効果
肌のハリやたるみ、保湿
特徴
レチノール含有量他製品比5倍!
実績
1987年からアメリカ国内でシリーズ累計1000万個を販売!
おすすめポイント
伸びが良く首や手の甲にもおすすめです!
エリクシール
資生堂の集大成!使い易さも好評です!

エリクシールは純粋レチノールを使用した肌荒れ対策化粧品で資生堂の研究成果の集大成とも言える化粧品です。

実はこの「純粋レチノール」こそが資生堂の研究成果を反映している成分なのです。純粋レチノールはシワを改善する成分として厚生労働省から承認を受けています。これは資生堂が約30年掛けて研究し、改善してきた研究成果の賜物です。

純粋レチノールは、9週間の使用で深いシワを改善する有効性が認められています。そして資生堂は日本で唯一医薬部外品の有効成分純粋レチノールを配合した製品を製造販売できるメーカーに認定されているのです。

国内唯一のメーカーによるエイジング対策化粧品。それがエリクシールです。長年の研究成果を体感出来る化粧品と言えます。現在では5秒に1個売れているとも言われ2017年上半期のベストスキンケア大賞を受賞しています。

みずみずしいクリーム状の化粧品なので肌に馴染み易く使い易いと評判です。エリクシールは国内最高の化粧品メーカーがお届けする最高の肌荒れ対策化粧品と言えるでしょう。

効果
シワ
特徴
純粋レチノールの効果でシワを改善!
実績
2017年上期ベストスキンケア大賞受賞!
おすすめポイント
厚生労働省認定!資生堂だけの販売・製造特権!
リンクルショット メディカルセラム
ベストコスメ23冠受賞!44万人が体感したほどの効果!

リンクルショット メディカルセラムはこれまでに様々な賞を受賞し、累計74万人もの人から効果を体感したと報告を受けています。

リンクルショット メディカルセラムはPOLAが贈るシワ対策化粧品です。シワが出来るメカニズムをPOLAが発見し、その対策を講じた化粧品がリンクルショット メディカルセラムです。具体的には、紫外線が原因の炎症や日常的に生まれる表情シワを、肌が「キズ」と勘違いして発生する働きを防ぐことでシワを抑え、肌本来の力でシワの改善を促します。

ここで注目したいのが「肌本来の力」です。これまで様々な成分を肌に与えることで対策を行ってきた化粧品がほとんどでしたがリンクルショット メディカルセラムは別のアプローチを考えました。肌本来の力を最大限に活かすことでより自然に、そしてより長期間効果が続くと言えるでしょう。

そもそもエイジング対策は加齢による衰えを防ぐもの。ですがそこが衰えなければ対策も不要です。ですから若かりし頃の肌を取り戻すべく肌本来の力が必要になると言えます。

他の化粧品とは一線を画する化粧品と言えます。リンクルショット メディカルセラムはシワ対策のパイオニアが贈る最高の化粧品と言えるでしょう。

効果
シワ
特徴
肌本来の力でシワを防ぐ!
実績
74万人が体感!
おすすめポイント
シワ対策のパイオニア!POLAが贈る最高の化粧品!
サインズ アップ・リフター
シワに効果が高く量販店で取扱いがある為使い易い!

サインズ アップ・リフターは、肌を引き締めハリを与える化粧品でP&Gが展開する化粧品ブランド「SK-Ⅱ」より発売されています。ブランド自体はテレビコマーシャルでもよく見かける為、馴染み深い人が多いと思います。

サインズ アップ・リフターの特徴の一つに百貨店等の量販店でも手軽に入手出来ると言う点が挙げられます。「そんなことか・・・・」と感じる人もいるかもしれませんが実は入手し易いと言う事は長期間使用する上では大変重要です。

肌のシワやハリを対策するには継続的なケアが必要になります。ですから毎日化粧品を使用しているわけですが、使いたい時に化粧品が切れてしまったらどうでしょうか?新しい化粧品を手に入れるまでの間別の対策を行う必要が有り、この間にどんどん肌が荒れてしまう可能性も有りますよね。ですから常に入手し易い化粧品こそが安心して長期間使用出来ると言えるのです。

サインズ アップ・リフターは入手し易いだけではなく、効果の方も申し分有りません。使用されている複合成分セルコネクターの働きにより、ハリが不足している肌を引き締め、ハリを緩めない肌に導きます。肌を引き締めシワ・たるみを防ぐと言う皆が求めているエイジング化粧品と言えるでしょう。

効果
シワ、ハリ、たるみ
特徴
目元や口元のリフトアップ効果!
実績
百貨店等で手軽に入手可能!
おすすめポイント
複合成分セルコネクターがシワ・ハリに働きかける!
DHC薬用レチノAエッセンス
レチノールに加えプラセンタも配合した最強品!

DHC薬用レチノAエッセンスはサプリメントや化粧品等でお馴染みのDHCが販売する肌荒れ対策化粧品です。DHCといえば健康系や美容系のサプリメントが特に有名でダイエット効果や美肌効果の高いサプリメントを幾つも登場させています。

同社の商品はテレビコマーシャルや雑誌、ホームページ等でも良く目にしますよね。こう言った実績のあるメーカーから発売されている化粧品なので、DHC薬用レチノAエッセンスは特に安心して使用出来ると言えるでしょう。

DHC薬用レチノAエッセンスにはレチノールが配合されています。レチノールの働きで肌の弾力を保つコラーゲンの生成に深く働きかけ、更にターンオーバーをサポートすることで肌を再生します。これにより乾燥によるシワや毛穴の緩みなどが気になる肌を集中的にケアしていきます。

また、DHC薬用レチノAエッセンスにはオリーブバージンオイルやプラセンタなど豊富な美容成分をプラスしています。これらの成分がレチノールの効果を最大限に引き出しています。

更にDHC薬用レチノAエッセンスは密閉チューブを採用している為、品質が低下しにくく万全の体制で肌を守ってくれる化粧品と言えるでしょう。

効果
シワ、毛穴の緩み
特徴
密閉チューブにより安定した効果!
実績
15年以上の実績!
おすすめポイント
少量の包装が使い易く清潔!

よく読まれている記事

シミ・シワを始めとする肌荒れ対策にはレチノールがおすすめ!

多くの女性を悩ます肌荒れは、加齢と共に全ての女性に訪れます。特に10代20代から30代40代にかけては肌も大きく変化していきます。若いときは一晩休めば治ったり、ファンデーションでごまかせた肌トラブルも徐々にごまかしきれなくなってきます。そこで肌トラブルを根本から改善していく必要があるわけです。

肌トラブル対策にはいろいろな方法があり、運動や食事、睡眠等、身近な生活習慣の改善でも十分対策可能です。ただ、仕事や育児に忙しいキャリアウーマンや主婦、ママにとっては使える時間が決まっています。そこで頼りになるのは化粧品です。どんなに忙しい女性でも毎日5分10分の時間は確保可能かと思います。このサイトではそんな想いを鑑み美容液や化粧品による肌荒れ・肌トラブル対策を支援していきたいと思います。

肌トラブルを改善する美容液や化粧品(化粧品に含まれる成分)はいくつもありますが、当サイトがおすすめしたいのはレチノールです。シミやシワ等の肌トラブルに大きな効果を発揮すると言われているレチノール。口コミで評判が広がり、今では多くの人に認知されている成分だと思います。当サイトではそのレチノール成分を含んだ美容液や化粧品を中心にランキング形式でご紹介しています。

比較内容がわかりやすいように「効果」「特徴」「実績」の3個のポイントを考慮しランキングしています。どの化粧品もおすすめですが効果については個人差があるため当サイトを参考に選んでみてください。

レチノールの成分や効果について

肌荒れ対策化粧品の成分としてレチノールが注目されています。レチノールとは広義の意味ではビタミンAのことになります。

ビタミンAには様々な美容・健康促進効果があると言われており主に「粘膜や皮膚に対する美容効果」「視覚機能を改善する効果」「動脈硬化を予防する効果」等が挙げられます。

さて、レチノールの大まかな働きですが、コラーゲンやエラスチン線維の生成を促進させる効果や皮脂分泌抑制などの効果があるとされています。この働きによってシワの改善、たるみの改善、シミの解消、ニキビ痕の解消、目の下のクマの解消等、多くの肌トラブルを改善します。

では、具体的にレチノール成分が含まれている美容液や化粧品の効果についてご紹介します。こちらもいくつかありますが「ターンオーバーの促進によるピーリング効果」「コラーゲンの生成補助による美肌効果(肌がつるつるになる)」「皮脂分泌の抑制による黒ずみ対策」「紫外線ダメージの軽減によるシミの予防」等が挙げられます。

良いことばかりの様に感じるレチノールですがいくつか副作用があるので注意が必要です。但し副作用があることを認識した上で使用することでより安全性が高まりますので簡単にご紹介します。

主な副作用は「肌がカサカサする」「肌の乾燥」「痒み」です。国内で販売されているレチノール化粧品は濃度が低い為さほど大きな副作用が発生することはありませんが、海外製品であったり医師から処方された美容液に関しては濃度が高い物もある為注意が必要です。

このように良い面も悪い面もあるレチノールですが正しく使用することで大きな効果が期待できます。当サイトでご紹介している商品等も是非参考にしてみてください。

レチノール入り化粧品の選び方・注意点

美肌効果が期待できるレチノールですが、正しい選び方や使い方がありますのでそちらを紹介します。
まず、初めて使用される方には、低濃度のレチノール入り化粧品を使用していただき、そこから徐々に濃度を上げていく方式をおすすめします。理由としては前述もした通り、副作用が起こる可能性があるからです。

次に、レチノールを選ぶ際は美容液やクリームを選ぶようにしましょう。
レチノールは脂溶性ビタミンという分類をされており、通常は美容液やクリームに配合されています。そのためレチノール専門のスキンケアシリーズでは、化粧水ではなく美容液やクリームにすることで肌への浸透を可能にしています。

また、レチノール入り美容液を選ぶ際ですが、レチノールだけでなくセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が一緒に配合されているとエイジングケアだけじゃなく保湿ケアも行え、非常に便利ですね。

そして、化粧品というのは、一定期間使うことではたらきが期待できます。レチノールは凡そ1ヶ月間といわれていますが、好みの香りやテクスチャーなどを見て、まずはその1ヶ月間使い続けられそうなものを選んでみてください。

もちろん、どんなに気をつけていても痛みやかゆみが気になる場合もあるかと思います。痛みやかゆみが気になる場合は、お肌に合っていない可能性があります。そういった場合まずはパッチテストをして試してみるといいでしょう。

使用する際の注意点も何点かございます。使用前にしっかりと確認しておきましょう。
まずは「紫外線対策をしっかりと行う」ということです。
レチノール入り化粧品を使用中のお肌は、一時的に紫外線などの刺激に弱い状態になりますので、しっかりとUVケアを行い、お肌を傷つけないようにしましょう。

次に「保管時は直射日光に当たらないように」しましょう。レチノールは直射日光に当たると変質をしてしまい、本来の効果を出すことができないんです。

また気をつけて欲しいこととして「妊娠中の方のレチノールの過剰摂取は危険」です。
レチノールの過剰摂取はお腹の中の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるので、妊活・妊娠中の方は念のため控えたほうがいいでしょう。

このように、様々な注意点があるレチノールですが、正しく使用すれば効果はありますので、
ご案内した情報を頼りにして賢く美肌を手に入れましょう。

こんな方法でも肌荒れ対策可能です

肌荒れ対策にはいろいろな方法があり、当サイトでご紹介しているような美容液や化粧品に頼らない方法もありますのでいくつがご紹介したいと思います。

肌が荒れる最も大きな原因が「代謝の低下」と言われています。ですから代謝を促すような行動がズバリ対策となるわけです。

代謝を促進する方法として効果が高いのは「適度の運動」と「入浴」です。いずれも「適度」に行うことが重要なので運動についてはウォーキングやランニング、ストレッチやヨガがおすすめです。また、入浴については10分程度の全身浴がおすすめと言われています。以前は長時間の入浴や半身浴が推奨されていましたが、一定時間を経過すると徐々に効果が落ちていくという研究結果もあるため注意が必要です。

もう一点の対策として「睡眠」がおすすめです。肌荒れの原因としてストレスや疲れ、睡眠不足が挙げられますので適切な睡眠の確保が良い対策になると言えます。また、睡眠にはゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があり22時から2時の間に睡眠を取ることをおすすめします。

これらを纏めると適度な運動を行った後、10分程度の全身浴を行い22時に就寝するという生活リズムが最もおすすめです。もちろん食事についても肌荒れに影響を及ぼしますので併せて行うとより効果的と言えるでしょう。是非、参考にしてみてください。

肌荒れが起きる原因について

肌荒れ対策をいくつかご紹介していますが、そもそも肌荒れが起きなければ対策は不要です。そこでここでは肌荒れが起きる原因をご紹介します。

人間の肌は実に敏感なのでいろいろな事が肌荒れの原因となっています。基本的には加齢と共に肌荒れが発生しやすい傾向になるのですが「ホルモンバランスの崩れ」や「内蔵疾患」などはこの典型と言えます。女性の場合は生理や更年期障害等でホルモンバランスが崩れ易いので注意が必要です。内蔵疾患については直接的な原因は食事に依るものですが、加齢と共に内蔵機能が低下することや長年の食生活で蓄積された物の影響を受けることから根本的な原因は加齢に紐付くと言えます。特に胃腸の機能が低下すると肌荒れ、肌トラブルに繋がり易いので注意しましょう。

この他では、ストレスや睡眠不足が挙げられます。ストレスについては趣味を持つ事でうまく発散していくしかありません。人間関係や仕事、勉強等は生きていく上で避けて通れませんのでうまく付き合って行きたいところですね。睡眠時間については仕事や子育てで一時的に取り難い時期もあるかと思いますが、出来る範囲で確保するようにしていきましょう。

また、生活習慣も大きな原因となっており、たばこやお酒などは肌荒れに繋がりますし、冷え等も肌荒れの原因となるので夏場の冷房には気をつけましょう。日常生活で言うと紫外線や季節の変わり目等も肌荒れの原因となりますし、体の洗い過ぎにより必要な皮脂を流してしまうことも肌荒れの原因となっています。

挙げていくとキリが無いほど挙がってしまいますが、これらの原因を予防することが一番の対策と言えるのではないでしょうか。是非、参考にしてみて下さい。

レチノールはクマの解消におすすめ?

レチノールはクマの解消におすすめ?最近眼の下にクマが出来たと悩んでいる人はいませんか

クマエイジングサインの一つと言われており、多くの女性が嫌がるものです

そんな目の下のクマに効果がある事で最近注目をされているのがレチノールです。

レチノールはエイジング効果が高いとして最近沢山の化粧品に使用されていますが、ほんとにレチノールは目の下のクマを解消するのでしょうか?

 

 

 

なぜレチノールが目の下のクマの解消に効果があるのか?

眼の下にクマがあると年齢を感じ、疲れて老けて見えることで多くの女性が嫌がる肌の悩みです。
クマを消すクリームや睡眠をたっぷりとってもなかなか解消さず、年齢とともにどんどんクマが濃くなってしまう事もあります。

そんな目の下のクマを解消する成分の一つにレチノールが注目されています。

 

レチノールとは

ビタミンA誘導体の一つと言われ、エイジングケア化粧品によく配合されている成分です。

実は皮膚科でも使用されている成分で、「トレチノイン」という薬と近い成分です。
果たしてこのレチノールは目の下のクマに効果があるのでしょうか?

 

◆目の下のクマには青クマ・茶クマ・黒クマ・赤クマの4種類があります

レチノールはビタミンA誘導体で油に溶ける性質があります。
ターンオーバーの促進やお肌の潤いやハリを維持するコラーゲンやエラスチンの生成をサポートします。
レチノールは使用することで確かにクマの改善を期待できますが、

加齢が原因の黒クマや血行不良が原因の青クマを改善するのは難しいと言われています

そもそも目の下のクマの原因はクマの色によっても異なります。

 

★まず一般的に良く見る青クマは、寝不足や冷え性によって顔の血流が滞ってしまうこと起こります。
もともと目の周りの皮膚は薄い、血行が悪くなる事で下まぶたの静脈が見えることで青クマになってしまいます。
青クマは10代の若者でも起こる事があります。
メイクで隠すことが出来ますが根本的な改善は血行を良くすることです

 

★2つ目は茶クマです。
主に色素沈着によって起こるもので、紫外線のダメージだけではなく目の下をゴシゴシ擦ってしまい、強い刺激を与えることでメラニンが出来てしまいます。

こういったメラニンが原因によって出来てしまった茶クマは美白ケアが有効と言われています。
美学ケアをすることで茶クマを少しずつ薄くしてくことが出来ます
ただし目の下の皮膚は薄いので優しく行う事が基本です。

 

★3つ目は黒クマです。
皮膚を引っ張ると薄くなる不思議なクマですが、目の下のクマは肌の老化によってできたたるみでできる影です。
下まぶたの真皮のコラーゲンが減って薄くなっていくと皮膚がたるんで黒クマになってしまいます。
目の下の黒クマはエイジングケア化粧品で予防する事は出来ますが、なかなか完全に消えません

 

★4つ目は赤クマです。
目の下が赤くなったり腫れぼったくなるものが赤クマです。
赤クマも青クマと同様血行不良が原因です。
血行が悪くなると目の周りを覆っている眼輪筋が透過することで赤く見えます。
この赤クマ、血栓症が起こってしまう場合があるので要注意です。
軽度の場合はメイクで隠すことが出来ますが、重く腫れがひどい場合は皮膚科へ相談しましょう

 

レチノールで今日からクマ対策

レチノールはターンオーバーを促進させてコラーゲンを増やします。

皮脂分泌の抑制や紫外線ダメージの軽減も行います。
お肌の張りや艶の改善、肌老化に効果を期待することも出来ます。

ただし肌質や肌状態によって合わない人も居ます。

 

そのため、使用するときも少量ずつ1週間から2週間は様子を見ながら使用し、

万が一炎症やかゆみが起きたら使用せずに皮膚科を受診しましょう

記事一覧

最近「レチノール」という言葉を聞いたことがありますか? 大手美容会社がレチノールを配合した化粧品を販売して以来 ・・・[続きを読む]
  ニキビ跡で悩んでいる人は居ませんか?   頬やおでこ 鼻周辺 など 皮脂の分泌が多い部 ・・・[続きを読む]
レチノールというフレーズを聞いたことがありますか? レチノールはビタミンAの一種で、 エイジング化粧品や皮膚科 ・・・[続きを読む]
  最近レチノールという成分が注目されているのはご存知でしょうか? レチノールとはビタミンAと言われ ・・・[続きを読む]
最近よく聞くレチノール。 レチノールとはビタミンAのことを言い、化粧品だけではなく食べ物からも摂取することが出 ・・・[続きを読む]
サイト内検索
レチノール化粧品ランキング!
レチノール・アンチウィンクル・フェイシャルセーラム 1オンス
エリクシール
リンクルショット メディカルセラム
サインズ アップ・リフター
DHC薬用レチノAエッセンス