肌トラブルにおすすめの美容液や化粧品をご紹介!

レチノール化粧品の注意点とは

レチノールを含む化粧品は、肌のターンオーバーを促進してくれます。しかし効果が高い分、刺激も強いので、いくつか注意すべき点もあります。紫外線などは避けるのが望ましく、使用するタイミングも要注意です。そしてパッチテストを行ってから、化粧品を使用するのが無難です。

紫外線が当たらないようにしておく

レチノールは、ビタミンAの一種になります。肌に対して様々な効果を発揮してくれる成分ですが、その反面紫外線に弱い一面もあるので、注意が必要です。その成分で肌の調子を整えたいなら、化粧品は肌に塗る必要があります。しかし化粧品が塗られた状態の肌は、日光には敏感です。太陽の光の中には、もちろん紫外線があります。通常の肌に紫外線が当たった時でも、多少の刺激はあります。ですから肌の状態を良くしておきたい時には、紫外線を当てないのが望ましいです。上述のビタミンAが肌に塗られている時は、特に注意する必要があります。ビタミンAが塗られている肌は紫外線に過敏に反応してしまうからです。時には、肌に対して何かトラブルが生じてしまう事もあります。

ですからそのビタミンを含む化粧品を使用した後は、しっかり紫外線対策を施しておく必要があります。この都合上、化粧品を保管する場所も注意が必要です。少なくとも直射日光が当たる場所は避けるのが望ましいです。このビタミンAは、紫外線によって性質が大きく変化する傾向があります。変質してしまいますと、肝心の美容効果が限定されてしまう訳です。そのため、ビタミンAを含んでいる化粧品は暗い場所で保管しておくのがベストでしょう。

肌が敏感なタイミングに使用するのは控える

また化粧品を使う時期にも、注意を要します。やや敏感な時期に化粧品を使用してしまいますと、トラブルになりやすいからです。人間の体には、バイオリズムがあります。化粧品を使っても問題無い時期もあれば、その逆もある訳です。後者の時期に化粧品を使ってしまうと、肌にトラブルが生じてしまう場合があります。

例えば、生理時などに化粧品を使用するのは、あまり望ましくありません。生理が特にない時期と比べると、肌がデリケートだからです。トラブルが生じやすいですから、使用は控えるのが望ましいでしょう。また生理の少し前のタイミングも、要注意です。ですから生理が来るタイミングを見計らって、化粧品を使用する必要があります。

加えて重要なのはホルモンバランスです。バランスが適正な状態なら良いですが、タイミングによってはバランスが微妙な事もあります。とりわけ妊娠中のタイミングは、ややバランスが崩れやすいのです。その時に化粧品を使用してしまいますと、肌トラブルが生じる確率も高まってしまいます。肌が敏感でない時期に、化粧品を使用する方が良いでしょう。

問題無いかどうかをパッチテストで確認

また化粧品が肌に合うかどうかという問題もあります。化粧品には相性があります。あらゆる方々に対して、問題無いとは限りません。体質によっては、化粧品を使用するとトラブルが生じやすい事もあります。ですから化粧品を使用する前に、まず相性は問題無いかどうかを確認しておく必要があります。

具体的には、パッチテストがおすすめです。肌に対して、少量だけ化粧品を塗っておく訳です。それで24時間ほど様子を見てみます。その時間が経過した時に、肌に何も問題が生じていなければ、トラブルが発生する確率は低いです。しかし何か問題がある時には、化粧品を使用するのは控えるのが望ましいです。このパッチテストを行っておかないと、思わぬトラブルに遭遇する可能性もあります。パッチテストも、化粧品の注意点の1つです。

以上のように、レチノールを含む化粧品には3つの注意点があります。
1.紫外線が当たらない状態にする
2.肌が敏感なタイミングでの使用は控える
3.化粧品を使用する前に、パッチテストを行っておく

これらの注意点を踏まえて適切な使用を心がけてくださいね。