肌トラブルにおすすめの美容液や化粧品をご紹介!

レチノールは肌の乾燥に効果がある?


肌トラブルにも色々な種類がありますが、乾燥が進むとメイクの乗りも悪くなってしまいますし、シワやシミなどのトラブルも起きやすくなります。
若々しい肌を保つためにはしっかりと潤すことも大事ですので、どのような成分が保湿に役立つのかも知っておきましょう。

 

エイジング効果の高い成分を知ろう

美しい若々しい肌を保つためには、化粧品を使ったスキンケアは丁寧に行っておきたいところです。
とはいえ、肌は年齢とともに変化していくので、若い頃にぴったりだった化粧品も、年齢とともに合わなくなってしまうこともあります。

しっかりと潤しているつもりなのに、肌が潤わない、すぐ乾いてしまうと悩む人は少なくありません。
そして、潤いのなくなった肌はシワやたるみなどの老化も目立ってきますし、紫外線の影響も受けやすくなりますので、シミが増えてしまう可能性もあります。

それゆえ、化粧品が合わなくなったと感じたら、年齢の悩みに合うものを選び直すことも大事です。
若々しさを維持するのであれば、老化を防ぐ、エイジングケア成分がしっかりと含まれているものを選んでいきましょう。
エイジングに良いとされる成分にも色々な種類がありますので、化粧品を購入する際はどのような成分が含まれているのか、どんな効果が期待できるのかはしっかりと確認しておきたいところです。

 

様々な美容効果が期待できる成分です

美容に良い成分としてはコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどは良く知られていますが、こうした成分を含んだ化粧品でもあまり良い変化が見られないという場合はレチノール配合の化粧品にも注目してみましょう。
あまり聞いたことがないという人もあるかもしれませんが、実はビタミンの中でも特に有名なビタミンAのことを指しています。

ビタミンAは緑黄色野菜などに豊富に含まれていることで知られていますが、その働きは肌や粘膜の保護、免疫力アップ、視力の維持など実に様々で美容にも健康にも欠かすことのできない大事な成分です。
美容効果としてはコラーゲンやエラスチンなどの肌のハリや弾力に欠かせない成分の生成促進や皮脂の分泌の抑制、ターンオーバーの機能の促進などがあげられます。

肌の乾燥が進む原因のひとつにはターンオーバーの機能が低下しているということもあげられますので、潤いのある肌作りにも良い成分と言えます。

 

まずは低濃度の化粧品から試そう

優れた美肌効果が期待できる成分ですが、その反面、肌には刺激となってしまうこともあるので化粧品選びには注意も必要です。
海外製の化粧品にも良いものがありますが、元々外国人女性の肌に合わせて作られていますので、日本人には刺激が強すぎる可能性もあります。

国内で販売されているレチノール配合の化粧品は日本人女性のデリケートな肌に合わせて作られていますし、低濃度のものが多いのでより安心して選ぶことができます。
国産の化粧品を選ぶ場合も、まずは低濃度の化粧品から試してみると良いでしょう。
肌がデリケートな人はいきなり顔につけてしまうのではなく、目立たない部分でパッチテストを行っておくとより安心です。

それから、脂溶性のビタミンとなっていますので、化粧品で選ぶ際も美容液やクリームを選んでおくと、よりしっかりと成分を浸透させることができます。

 

肌が乾く、しっかりと保湿をしているつもりでも潤わないという場合はエイジングケア効果の高い成分を含んだ化粧品を試してみることも考えてみましょう。
海外製にも有名な化粧品がありますが、元々日本人女性に合わせて作られていませんので、刺激が強い、肌に合わないという可能性もあります。
より安心して使うのであれば国産のものを選んでおきたいところです。
初めて使う化粧品の場合は、顔に利用する前に目立たない部分でパッチテストも行っておくと良いでしょう。
成分の濃度が濃ければ効くというわけではありませんので、肌質に合う化粧品を選ぶことも大事です。

サイト内検索
レチノール化粧品ランキング!
レチノール・アンチウィンクル・フェイシャルセーラム 1オンス
エリクシール
リンクルショット メディカルセラム
サインズ アップ・リフター
DHC薬用レチノAエッセンス