肌トラブルにおすすめの美容液や化粧品をご紹介!

レチノールの1日の摂取量はどれぐらい?


スキンケアに最良といわれている成分のひとつが、レチノールです。ビタミンAの1種を指しますが、人体の血液中のほとんどのビタミンAを占めている成分となっており、年齢とともに減少していきます。美容に良い摂取量とはどれくらいなのか、確認して利用することが重要です。

具体的な効果はよく知られている

高いエイジング効果が期待されるといわれているレチノールは、比較的多くのスキンケアアイテムに含まれています。肌に取り入れることで効果や成分の変化が異なる為、取り入れるときには注意が必要です。効果として有名なのはシワ対策効果や、ニキビへの対策効果シミのピーリングを促す効果が期待されています。

それぞれの肌の状態に従って、最良といわれているスキンケアアイテムを選ぶことが必要です。また、副作用があるため、上手に活用することが肌の活性化を促し、美容面での効果を発揮するために必要といわれています。ピーリング効果が裏目に出るとはだが赤く変化してしまう場合もあるため、注意が必要です。短期間で大量に使いすぎることや、高濃度の物を毎日使い続けることで副作用が発生しやすいといわれている為、注意してください。使う時にはどれくらいの濃度なら肌への負担が少ないのか、事前にパッチテストを行うことで赤みを感じない濃度の物を使うことができるでしょう。

パッチテストは1週間程度行うこと

国内で販売されている化粧品の中では、高濃度の物であっても1パーセント程度といわれています。しかし、海外で販売されている物の中には3パーセント以上のものも少なくありません。自己責任で相性のよいものを選ぶことが重要といわれていますが、肌質や肌の状態によって通常よりもはるかに副作用が発生しやすい場合が多いため、事前に塗って肌への負担を確認してから、高濃度の物を使い続けることが重要といえるでしょう。人によっては3パーセント程度でも肌への負担がひどく、副作用が発生しやすいといわれています。そのため、肌に負担がかからない程度に塗ることが、若々しさや美白を期待できる良い結果となるでしょう。

スキンケアにおいて大切なのは、肌に負担の無いように取り入れることです。1パーセント程度の物であっても、塗り方によっては肌に負担を感じる人もいるため、事前に確認をしてから取り入れることが必要といわれています。なお、パッチテストは1日ではなく、3日から1週間程度状態を見て、肌への負担を確認することが必要です。万が一期間中に肌の赤みが発生するようであれば、即刻使用を中止し、皮膚科医に相談してください。肌に負担をかけずにスキンケアを行うことが美容にとって何よりも必要です。

油溶性成分だから取り入れ方に注意が必要となる

レチノールは油溶性であるため、過剰に取りすぎても体内に蓄積され、使われていきます。過剰に摂取するとかえって頭痛や吐き気などの原因となるため、サプリメントや食事で取り入れるときには注意が必要です。基本的には女性は1日400から550マイクログラム、男性は450から550、妊婦は700から750前後必要とされています。それ以上とっても体内に蓄積され、日常生活で使用することになりますから、取り過ぎないように注意が必要です。食事では毎日レバーばかり食べないようにすること、サプリメントは内容を確認してから取り入れることが必要となります。化粧品でも適切な1パーセント程度が日本人に相性の良い摂取量と考えるメーカーが多いため、肌に負担のかからないように使用しましょう。

なお、注意したいポイントとしては、スキンケアのときに単品で成分が高濃度の物なのか、ラインで高濃度になっている物なのか、です。ラインで高濃度の場合、トータルで使い続けると肌に濃度が蓄積される恐れがあるため、パッチテストで様子を見ながら遣い続けることが重要といわれています。特に若年層はストレスによって肌のバランスを崩しやすいため、パッチテストを続けながらスキンケアを行うようにしてください。

最大限の濃度で取り入れれば、肌を劇的に変化させられると考えがちですが、成分濃度によっては肌への負担となることも考えられるため、注意して下さい。スキンケアアイテムとの相性を考え、自分なりの上限を確認してから使うことをお勧めいたします。