肌トラブルにおすすめの美容液や化粧品をご紹介!

レチノールでニキビ跡は治せるのか?

レチノールでニキビ跡は治せるのか?

 

ニキビ跡で悩んでいる人は居ませんか?

 

頬やおでこ

鼻周辺 など

皮脂の分泌が多い部分はどうしても皮脂分泌が過剰で詰まりやすいのが特徴です。

また大人ニキビ思春期ニキビは出来る理由も異なります。

 

◆思春期ニキビ

思春期の成長ホルモンが原因で皮脂の分泌が過剰になってしまい、毛穴が詰まってニキビが出来てしまいます

この思春期ニキビは大人になるにつれて落ち着くので、自然とニキビが解消していきます。

 

◆大人ニキビ

原因がたくさんあり、ストレスやホルモンバランスの乱れ、バランスの悪い食事など原因がたくさんあり、繰り返し起こるため治りにくいニキビです。
ニキビ跡も出来てしまい、ついファンデーションで隠してしまいますが、余計に悪化してしまう事もあります。
出来てしまったニキビ跡、解消する事は出来るのでしょうか?

 

レチノールはなぜニキビ跡に効果があるのか?

なぜレチノールはニキビ跡に効果があるのでしょうか?

まずレチノールはビタミンAと言われており、このレチノールがニキビ跡に効果がある事は皮膚科医が証明しています

レチノールがニキビ跡の皮膚の代謝をアップさせるので、ターンオーバーが早まりニキビ跡を薄くしていくのです。

ただし、日本で認められているレチノールの塗り薬は限られています。

 

◆厚生労働省が許可している同じ成分を持つレチノイド

レチノール

酢酸レチノール

パルミチン酸レチノール の3つです。

この許可されているレチノールを、レチニルエステルと言います。

 

◆レチノール効果には3つの効果があります

★1つ目はピーリング効果です。
レチノールは血液中の皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。
そして同時に血液中でレチノールからレチナールへと変化して最終的にはレチノイン酸へと変わります。

レチノイン酸はターンオーバーを促進させ、表皮を新しくする効果やくすみや黒ずみの原因になる細胞の入れ替わりを促します

 

★2つ目はコラーゲンやエラスチンの活性化です。
ターンオーバーの促進効果で活性化された線維芽細胞にも影響を受け、コラーゲンやエラスチンの働きも活性化されてお肌の張りや水分量のアップで張りのある若々しいお肌を保つことが出来ます

 

★3つ目は毛穴とキメの整った肌です。
ターンオーバーが促進されたことで過剰な皮脂や角質を分泌させる働きによって皮脂腺の働きを抑えて毛穴のつまりを改善し、キメの整ったお肌へと導きます

 

 

◆レチノールは主にこの3つの効果があります

ただしレチノールの効果があるニキビ跡は

赤みタイプ

色素沈着、クレーターやケロイドタイプ

しこりタイプ

の3つに効果があります。

赤みタイプのニキビに効果があるのはニキビが出てから6カ月以内のもので炎症が残っている状態の物です。
炎症を抑えて代謝をあげることで赤いニキビ跡の解消に繋がります。
色素沈着も肌代謝をあげることで改善していきます。

 

レチノールが原因でニキビになる事も

レチノールを塗る事でニキビなど肌荒れが起こってしまう事があります

これは好転反応といい、お手入れを続けることで徐々に症状も緩和していきます

こういった好転反応を理解したうえで使用する事も大切です。
使用してから1週間から2週間は様子を見ることも大切です。

 

◆レチノールの好転反応

赤みや刺激の軽い炎症を感じる・かゆみを感じる・肌の乾燥を感じるなどです

平均的に使用してから1カ月はこの好転反応が起こってしまいます。

レチノールを使用するうえでこの好転反応は避けることが出来ないと覚えておきましょう。

またこの時期はニキビが悪化してしまう事もあるのであらかじめ知っておくといいでしょう。

 

ニキビ跡が気になるという人は、皮膚科で処方してもらうようにしましょう