肌トラブルにおすすめの美容液や化粧品をご紹介!

レチノールがもたらす爪への効果とは

レチノールがもたらす爪への効果とは

最近ネイルアートやジェルネイルをしている女性が増えてきました。

美容に関して意識の高い女性も多く、食事や美容面で気を付けているという人も多いです。
ジェルネイルをしている人ならわかるかと思いますが、甘皮を処理したり表面をやすりで削って滑らかにし、その上からジェルをどんどん塗って硬化してを繰り返します。
しかし、このジェルネイルは爪にとって非常に負荷がかかります。
ジェルを外すときは表面をけずってアセトンを使って溶かすのですが、爪が傷んだり薄くなっていきます。
ジェルネイルにすると乾燥や傷みをケアするために、ネイルオイルでケアすることを徹底されています。
また、爪は乾燥すると荒れやすくなったり縦筋や二枚爪の原因になってしまいます。

また、今は男性もネイルケアをする人がいることはご存知でしょうか?
仕事で研磨作業をしている人にとって、爪までも一緒に削れてしまい、薄くなってしまいます。
そういった仕事柄爪に気を遣う人は増えてきています。
ですが、毎日ケアしていてもなかなか改善されないという人もいるでしょう。

そこで、レチノールは爪にどんな効果を発揮するのでしょうか?

 

ネイルオイルの成分に注目

ネイルオイルを使っている人はいますか?
今ではネイルオイルは100円ショップでも購入できる時代です。
種類も豊富でペンタイプの持ち運びに便利なタイプから保湿力の高いオイルクリームタイプ、さらっとしたジェルタイプにクリームタイプまでたくさんの種類があります。

普段ネイルケア商品を購入する際、何を基準に購入していますか?
たっぷり使いたいから100円の安いものを使う、お気に入りのブランドのものを使うようにしている、ネイリストさんが紹介してくれたものを使っているなど、選ぶ基準もそれぞれです。

○成分についても注目してみましょう
実はネイルケア商品の中には、レチノールが配合されたものもあります。
レチノールはターンオーバーを整え、保湿ケアや生まれ変わりを促進します。
粘膜や皮膚を健康に保ち、爪を強く美しくします。
すべてのネイルケア商品にレチノールが含まれているわけではないので、購入する前にはレチノールが含まれているものを選ぶようにしましょう。

ネイルクリームやオイルを使う時、ただ塗ればいいやと思っていませんか?
爪の付け根や爪回り、つめの表面にもしっかりと塗り込むことがポイントです。
また、爪は手を洗ったり乾燥する季節は肌と同じく乾燥してしまいます。
ですからこまめに塗ってしっかりケアをする必要があります。

 

お肌と同じく爪もケアが必要

レチノールは肌に塗れば、皮脂の過剰分泌を抑えてニキビの予防や新陳代謝をアップしてニキビ跡を改善することが出来ます。
爪も肌と同じく老化していきます。
爪が老化すると縦筋になったり黄ばんでいきます。
また潤いの少ない爪は乾燥してちょっとした衝撃で割れてしまったり、二枚爪にもなってしまいます。
こういった爪の悩みにもレチノールは効果合があります。
今までネイルオイルやクリームを購入するときレチノールが入っているか確認をしなかったという人は、次にネイルケア商品を購入する際は成分にも気を付けてみてください。
レチノールは肌だけでなく爪にも効果があります。

○爪にも効果のあるレチノール
またネイルケア商品に修復するものと乾燥をケアするものがあります。
修復をするものは、夜寝る前にクリームを塗って寝ることで傷んだ爪を改善し強く割れにくくします。
乾燥をケアするものは日中使うもので、爪の乾燥を防いで割れにくくします。
爪は肌と同じくケアをしっかりすることで傷みを修復する力がアップします。
最近爪が割れやすくなった、くすんで老けて見えるという人はレチノール入りのものを使用しましょう。