肌トラブルにおすすめの美容液や化粧品をご紹介!

レチノールとはどのようなもの?

アンチエイジングを助ける成分として注目されるレチノール、興味がある人も多いのではないでしょうか。効果が高いゆえに「強力すぎ」とまで言われているわけですが、関心を集めるその実態とは何か見て行きましょう。

成分の実態は美容効果満載のビタミン

レチノールの正体は、油溶性のビタミンです。野菜や果物の主要成分の化粧品版といったところです。ビタミンAの吸収を促進する作用があることから、ビタミンA誘導体とも言われます。他のビタミンのように肌の健康を保つ効果があり、摂取することで老化を防いだりと多様な美容効果を受けることができます。その効果が注目されて化粧品になったわけですが、壊れやすかったり酸化しやすかったりと課題はまだ残っています。

化粧品中に配合されてはいますが、塗った時はまだ美容効果を持っていません。肌に付いた後一度体内に取りこまれ、代謝を重ねて最終的にレチノイン酸という成分に変わります。それが肌のターンオーバーを促進してアンチエイジングを実現してくれます。化粧品で若返るというよりは、若返りの素を塗り込むという感じでしょうか。元々がビタミンの一種というのもあり、体に負担が少ない成分としても大きな支持を得ています。ターンオーバー促進のほか、紫外線の影響を抑えたりコラーゲンの合成を助けたりする効果もあります。「これを使えばすぐにでも若々しい肌になれそう」、そう考える人もいるかもしれません。

「強力すぎ」の話はでたらめじゃない

ところが、こんなに素晴らしく感じる成分にもデメリットが少しあります。肌の若返り効果が高いことは確かです。しかし、それが強すぎてしまうことがあります。最終的にもたらされる美容効果はとてつもなく強力であり、半ば強制的に肌のターンオーバーを引き起こします。無理矢理肌が生まれ変わるようなもののため、赤みが出たりかゆみや痛みを感じるということが起こります。これはレチノイド反応と呼ばれ、肌の弱い人が化粧品を使う時に最も懸念しなくてはならない問題になっています。

一度起こると結構な期間続くため、使用前にパッチテストをすることが推奨されています。腕の一部に化粧品を塗って変化をみると、肌質が十分かどうかの判断ができます。やらずに使うと、化粧品のせいで顔がボロボロなんて悲惨なことになりかねません。シミなど弊害が起こる可能性もあります。肌が荒れない使い方を調べるなど、パッチテストで問題回避の選択肢が広くなります。効果の高さは確かに魅力ですが、その前に自分に合っているかを確かめることがよほど重要と言えます。

使い方のコツは成分を抑えることと状況を選ぶこと

レチノールの化粧品は、基本的にクリームや乳液を選択します。化粧の下地という都合上肌に直接触れ、油に溶けやすい性質をうまく活用できるからです。吸収が早くその分効果の出も早いです。選ぶ時は成分濃度に注目します。初めて買う場合は濃度の高くない物を選びましょう。濃度が高くなるとレ血濃度効果の影響も大きくなります。最初は様子見感覚で使ってみるのがいいでしょう。

使う時期もかなり重要です。季節の変わり目などは肌の調子が不安定なことが多く、この時に使うと肌荒れを促進してしまうことがあります。肌が乾燥してきたなど不安定さを感じたら、使用を控えるようにしましょう。より安全に使うには、専門医と相談することも有効です。成分の性質を踏まえ、使う状況と肌の状態を見極めることが大事です。

有効成分の情報が多くなったこともあって、化粧品の選択は難しくなっています。この成分はおすすめなどの文句をよく見かけますが、それを鵜呑みにしては体質に合わない物を手にしてしまうかもしれません。化粧品で肌が荒れたなんて本末転倒なことにならないよう、成分のことを勉強することが必要になってきたと言えます。